不妊症を改善したいのであれば、タバコをやめてください。 喫煙は健康を害するだけではなく、不妊症の原因にもなるのです。 タバコは子宮着床障害や卵管障害を引き起こす可能性があります。 男性だと精子の数を減少させたり、精子の運動能力を低下させたり、奇形の精子を増加させる原因になりかねません。 そのため、本気で不妊症を治して子供を授かりたいのであれば、夫婦ともにタバコをやめるようにしましょう。 しかし、だからといってすぐに禁煙するのは難しいと思います。 タバコは依存性が非常に強いので、やめようと思ってもすぐにやめられるものではありません。 もし、自分の力だけではやめることができない場合は禁煙外来に行くのも1つの方法です。 医師による専門的な治療を受けることによって、禁煙に成功した人はたくさんいるので、一度行ってみるのもいいかもしれません。 適量のアルコールであれば血行促進効果がありますが、タバコには体にとってマイナスの影響しかないので、禁煙をおすすめします。